HOME>ホットトピックス>固定電話を引く時は目的に合わせてセレクトしよう

1本だけ固定電話を導入したいなら

月額基本料金が安い固定電話を1本だけ引きたい時にピッタリなのが、アナログ電話回線です。これは1つの契約に対して1つの電話が利用できるシンプルな回線であり、電話はもちろんファックスも利用できます。別途プロバイダーと契約を結べばADSLのインターネットが使えるため、インターネット回線としても活用可能です。また、クレジット決済の端末にも使えますから、店舗などの業務用にも利用できます。そしてアナログ電話回線の導入方法には、電話加入権を購入する方法と、購入しない方法の2種類があるのです。後者の場合、毎月の基本料金は概ね数百円ほど高くなりますが、初期費用を抑えたい人々に選ばれています。

こんな時はISDN

一般家庭ならアナログ回線で十分こと足りますが、店舗や事務所では電話回線が2つ必要な場合も少なくありません。例えば業務用に電話が2本要る場合や、もしくは電話とファックス、あるいはクレジット決済用の端末との組み合わせなどです。この場合ならアナログ電話回線を2つ契約するよりも、ISDN回線を1つ契約する方が上策になります。ISDNはアナログ回線より毎月の基本料金は高くなりますが、その代わり1つの契約で回線を2つ利用できますから、結果的に安くなるのです。

広告募集中